レビトラ10mgと20mgの違いは純粋に、一錠に含まれる有効成分の含有量の違いです。

レビトラ10mgと20mgの違い

レビトラ10mgと20mgの違いは純粋に、一錠に含まれる有効成分の含有量の違いです。レビトラ10mgには有効成分「バルデナフィル」が10mg、レビトラ20mgには「バルデナフィル」が20mgと単純に倍になっています。

有効成分の量が倍だから、薬の効果も倍になるかというと、そういうわけではありません。10mgよりも20mgのほうが勃起の硬さが増したり、薬の効果時間がより長くなることは確かにあるものの、それらが単純に倍になって感じられるということではないのです。
レビトラ10mg・20mg パッケージ&シート

高容量のほうが効果や持続が増す反面、ed治療薬黒蟻王個人輸入正規品通販取扱副作用の発現頻度や程度が強くなったり、長く続いたりする場合もあるため、10mgから20mgに変更することがメリットだけとは限りませんのでご注意ください。(効果や副作用の発現には当然ながら個人差があります)

下のグラフを見ていただくとわかりやすいですが、レビトラ10mg(青色) とレビトラ20mg(赤色) の血中濃度と時間経過の違いを表したグラフです。似た形のグラフが形成されますが、20mgのグラフの方が、全体的に山が高くなっています。
単回投与時の血中濃度
バルデナフィル空腹時単回投与時の血漿中未変化体濃度の推移(日本人)
レビトラ血中濃度

日本人健康成人男子18例に、バルデナフィル10mg、20mgを空腹時単回経口投与したときの血漿バルデナフィル濃度推移
薬物動態学的パラメータ

    投与量
    (mg)     AUC
    (μg・hr/ml)     Cmax
    (μg/ml)     Tmax※1
    (h)     t1/2
    (h)
    10mg     20.94(1.72)     10.05(1.86)     0.75(0.50~1.00)     3.19(1.08)
    20mg     44.14(1.39)     18.35(1.29)     0.75(0.50~1.00)     3.98(1.46)

※1: 中央値(範囲)
幾何平均値(幾何標準偏差),n=6 ※バイエル薬品 レビトラインタビューフォームより転載

やはり用量が大きい20mgの方が、多く威哥王の正規品通販保証の有効成分が身体に吸収されることを示しています。身体に取り込まれる有効成分が多いほど、効果が強く出て持続時間も長くなります。

薬を選ぶ際に10mgと20mgのどちらを選ぶべきかですが、これは医師の中でも意見が割れるところです。副作用のことも考え、用量の少ない10mgから試すべきという医師もいれば、報告されている副作用は軽微なものが多いため、強力な20mgから試すべきという医師もいます。

当クリニックでは、惚れ 香水患者様の健康状態や年齢を考慮した上で、「日やシチュエーションによって問題なく性行為ができる。もしくは、自慰行為は全く問題ない」という方には10mgを、「性行為の際に毎回うまくできない。そして自慰行為でもうまく勃起できないことがある」という方には20mgをお薦めすることが多いです。

もちろん、ご自身のご希望に応じて、副作用が心配であれば低用量から、高用量のほうが効きそうで安心できるならば高用量のお薬を処方できます